建物価格を下げる!方法5選/Web住宅展示場

家づくり 減額調整

Web住宅展示場ブログをご覧くださりありがとうございます!!

このブログでは家づくりに役立つ情報を日々発信しています。

ぜひ、あなたの家づくりにご活用ください✨


さて、本日は

「建物価格を下げる方法5選」

をご紹介したいと思います!!


最近、毎日のお買い物でも物価の高騰を感じることがあるかと思いますが、家の価格も同じように上がっています…

数年前には2000万円台で建てられた家が、今では3500万円、、と言ったように値上げが止まりません。

(でもお給料は上がらないという…)


そんな厳しい時代だから!

もう、展示場に行って、なんとなく気に入ったメーカーと契約♡なんて軽い家づくりでは絶対に後悔することになります。


知識をつけて、賢く家づくりをしましょう!!!


話がそれましたね。

では、建物価格を下げる方法を5つご紹介していきます!


❶家の形をシンプルにする!

家が一番安く建てられる形は箱型の総2階です。

総2階というのは、1階と2階の形が同じことです。

家の中の間取りを優先するばかりに、凸凹なお家になってしまうと、外壁の面積が増え、割高になってしまいます。

間取りを考える時は、建物の形もよく考えるようにしましょう!


❷1階を大きくしすぎない!

ついつい間取りの要望が、1階に集中していませんか?


玄関も広めがいいなー

土間収納もほしい!

広いLDKにパントリーもほしい!

水回りは1階に集めて、、

脱衣と洗面に分けて、

ランドリースペースもほしい!

あとは、LDKの横に和室も欲しいな!


と、こんな要望ありませんか?

で、2階はというと、子ども部屋と寝室、トイレとクローゼットがあれば良いです!というような。


1階ばかり大きくなってしまうと、建築面積が増えるので、どんどん価格が高くなってしまいます。

坪単価100万前後のメーカーも増えてきていますからね。


こんな時にぐっと建築面積を抑える方法として有効なのが、思い切って水回りを2階に持って行くことです。

水漏れを起こした場合など、お風呂が2階にあるデメリットもあるので慎重に検討しなければなりませんが、水回りが2階で良ければ、間取りの可能性はかなり広がります。


❸建具を減らす!

❶と❷に比べると、1つあたりの価格は小さいですが、ここはちりつもです。

当たり前、と思ってつけている建具を無くせば数万円の減額になります。

数千万円の家づくりをしていると、数万円なんて小さく思えてしまいますが、日頃の生活なら10,000円でも大きいですよね!


無くせる建具の例としては、

居室のクローゼットの扉や、パントリー、シューズクロークなどへの扉などです。

建具をなくして、代わりにロールスクリーンにするなど全く無しにするわけではなく別の方法を考えるのもおすすめです。


❹バルコニーを無くす

部屋干し派、幹太くん派、乾燥機派がどんどん増えてるという洗濯物の干し方が変わってきた今、バルコニーの需要がどんどん無くなってきています。


私も、実家や賃貸暮らしの時は洗濯物は外に干すのが当たり前で、バルコニーの無い暮らしなんて想像できませんでした!

でも、新居に越して、乾燥機とランドリースペースで洗濯物を片付けるようになると、全く天気に左右されないのでとても快適です。


バルコニー、全く使っていません!バルコニーを無くして、リビングを広くしておけばよかったかも…と後悔ポイントでもあります。


バルコニーは防水の処理などが必要なので、作る時もお金がかかりますが、メンテナンス費用もかかります。


何にバルコニーを使うのか?

を明確にして、布団を干すために各部屋にバルコニーが必要でしょ?というような固定概念でなんとなくつけたバルコニーはぜひ再検討することをおすすめします!


❺造作家具をやめる

展示場を見ていると、パントリーや脱衣所にあるその場所にピッタリのサイズに造りつけられた収納に目が行きます。

使いやすそう✨!と憧れますよね。

その他、スタディスペースなどに、収納とデスクが一体となったものが作り付けられてるパターンもよく見ます。


そのような、その場所に合わせて現場で大工さんが作る家具を造作家具と言います。


場所と用途に合わせて、オーダーメイドで疲れるので、とても素敵ですが、もちろんその分費用が高くなります。


最近は無印良品やニトリ、IKEAなど、安価でも使いやすい商品がたくさんあるので造作にこだわらず、そのような販売されている家具を検討するのもおすすめです。


建築段階で使いたい家具が決まっている場合は、逆にその家具に家を合わせることも可能です。

ぜひ検討してみてください!


以上、建物価格の減額方法を5つご紹介しました!

中々厳しい家づくり、、ぜひ削れるところは削って、掛けたいところは掛けて、メリハリをつけて満足度の高いお家を叶えてくださいね。


Web住宅展示場はあなたの家づくりを応援していますきら