30年前と今、住宅ローンの正解が全く違う!!/Web住宅展示場

住宅ローン

Web住宅展示場ブログをご覧くださりありがとうございます!

このブログでは家づくりに関するお役立ち情報を日々発信しています。

今日は、住宅ローンについてのお話です。


「そろそろマイホームがほしい!」となった時、あなたならまず誰に相談しますか?

ご両親に相談してみるという方も多いのではないでしょうか?


「そろそろ家買いたいねんけど…住宅ローンってどんな感じやった?」

って聞いたとします…

お母さん→「母さんたちは1000万円は頭金用意したよ。利子がもったいないから極力借りる額減らして、早く返済したよ!」

こんなアドバイスをされることが…!


子どもに損はしてほしくない!そんな親心ですが…

このアドバイス通りに住宅ローンを組むのは大間違いです!


30年前と今、

何が一番違うか?

というと…

「金利」です。


金融公庫のデータによると…

30年前の金利→4.2%

15年前の金利→3.5%

2023年の金利→0.5%


5000万円・35年ローンで借りた場合の月々返済額で比べて見ると?

30年前→22.8万円

15年前→20.7万円

2023年→13万円

となります!

30年前と今では同じ金額を借りても、10万円近くの差があるのです!!

驚きですよね。

もちろん物価が違うので、負担感が軽くなっているわけではありませんが。


また、現在は住宅ローン控除などの減税措置もあります。

そこで、今の住宅ローンの正解はコレです!


❶頭金は最低限に!

→生活防衛費をしっかり確保。余剰金は運用した方が賢い。

❷ローン期間は長くする

→利子が低い今、ローンを組んでいる間の団体信用生命保険のメリットが大きい。

➌繰り上げ返済はしない

→住宅ローン控除があるうちに繰り上げ返済してしまうと損になる!

❹借り入れが多い方が得なことも。

→住宅ローン控除の額と利子を比較するとわかる!


30年前とは大きく正解が異なる、住宅ローン。

最新の知識を勉強して、賢い・損しない・住宅ローンにしましょうね!!


Web住宅展示場にご相談していただければ、お金のプロであるファイナンシャルプランナーをご紹介することが可能です。

どこの銀行・金融機関がいいの?

どんな条件で比べればいいの?

住宅会社のおすすめ銀行で契約して大丈夫?

ローンの審査通るかな…

そんな不安や疑問、プロと一緒に解決しましょう!


もちろん、ファイナンシャルプランナーによるサポートも無料です。

皆様からのお問い合わせ、お待ちしております!