気になる防犯対策!「CPマーク」をご存知ですか?/Web住宅展示場

CPマーク

hWeb住宅展示場ブログをご覧くださりありがとうございます。

hWeb住宅展示場は大阪を拠点に、日本全国の住宅会社・住宅展示場をWEB上で写真や動画をつかいご紹介する、サイトです。

これからも住宅会社情報をどんどん発信していきますのでご期待ください。

そして、気になる住宅会社が見つかれば、お気軽にWeb住宅展示場のオンライン相談サービスをご利用ください。

ご相談者様の理想の家づくり、ご相談者様のご予算を丁寧にヒアリングし、最適な住宅会社をご紹介いたします。


本日は、注文住宅を設計する時に気になる「防犯」についてのお話です。

マンションよりもセキュリティ的には低くなってしまいがちな戸建て住宅。

建てるときにしっかりと防犯を意識して、安心安全な住まいを叶えましょう!!



戸建ての防犯、というと、シャッターや窓に着ける格子、音のなる砂利や人感センサーライト、民間のセキュリティ会社などなど様々ありますが、本日ご紹介するのは「CPマーク」です。


❶「CPマーク」とは?

CPマークとはこのような緑色のマークです。

↓↓


CPマーク

見たことがある方もいるかもしれませんね!

CPとは英語で「防犯」という意味の「CrimePrevention」の頭文字を取ってつけられたものです。

一定以上の防犯性能がある住宅設備に表示が許可されます。

対象となる住宅設備は主に、ガラス・サッシ・面格子・玄関ドア・鍵などで、外部からの侵入と関係がある設備です。



❷「一定以上の防犯性能」とは?

CPマークの表示が許可される住宅設備、「一定以上の防犯性能」とはどんなものでしょうか?


CPマークが定める「一定以上の防犯性能」とは→「5分間、外部からの侵入に耐えることができるかどうか」です。

どうして5分間なのかと言いますと、実際に空き巣等の窃盗をして逮捕された窃盗犯にアンケート調査を行ったところ、約7割の窃盗犯が5分侵入できなければ侵入をあきらめる、と答えたからだそうです。

とてもリアルな声を参考に基準を定めているのですね。

でも、このアンケート、裏を返せばCPマークがないような住宅設備では5分もあれば侵入出来てしまう、ということです。

ちょっとゴミ捨てに行った隙に、、ちょっとご近所さんと話している隙に、、と私たちが思っている以上に短時間で侵入されてしまう…これは意識しておかなければいけないですね。


➌「CPマーク」表示を認めるのはだれ?

次にCPマークの表示を許可しているのはだれなのか抑えておきましょう。


CPマークの基準を定め、表示を認めているのは、警視庁・国土交通省・経済産業省・民間企業で構成された「官民合同会議」!

警視庁も含まれていますし、なんだか安心感の強いお堅い構成ですよね。

平成16年に上記の官民合同会議で防犯性能の高い住宅部品の普及を目的に、共通呼称として「防犯建物部品」という名前と、共通標章として「CPマーク」が制定されました。

この会議が決める、「防犯性能の高い建物部品目録」というものに登録された部品のみがCPマークを表示することができます。


 ❹「CPマーク」の有無を確認しよう!

CPマークについてお分かりいただけましたでしょうか?

窓や玄関ドアなどを決めるとき、ついついデザインに目を奪われてしまいがちですが、家財や家族を守ってくれる場所として、「CPマーク」の有無も忘れずに確認しておきましょう。

また、見える場所に「CPマーク」のシールが貼ってあるだけで、侵入の抑止効果があるように思います。

インテリア的にははがしたいな~と思う気持ちもよくわかりますが、せっかくCPマークの商品を選んだのなら、防犯意識の高い家だとシールでアピールしておきましょう!

防犯対策が重要な戸建て住宅、人感センサーライトをつけたり、音のなる砂利を敷く、というような対策は入居後にできますが、玄関ドアや窓は簡単に変更することはできません。

家づくりの段階から防犯対策を意識することをお忘れなく…!



本日は戸建ての防犯対策の中から「CPマーク」をご紹介しました。

Web住宅展示場はあなたの家づくりを応援しています!

■家づくり、何から始めればいいの?

■土地探しと住宅会社選び、どう進めればいいの?

■住宅会社の良い営業さんに担当してほしい!

などなど家づくりの疑問や不安・お困りごとをご相談ください。

オンラインでのご相談・勉強会も随時行っておりますので、お家からでもお気軽にご相談いただけます。

皆様からのお問い合わせ、お待ちしております。